ゲーム

ギリシャ神話の世界に触れられたスマホゲーム「タイタン:神々の戦争」

・ギリシャ神話をモチーフにしたゲーム 神々や英雄たちが闘うハイクオリティのスマホでできるMMORPG「タイタン:神々の戦争」をご存知でしょうか。 舞台設定はギリシャ神話の世界になりまして、アクション性があり、フルボイスで展開していくストーリー、レイドバトルもあるといった充実した内容です。 操作自体もそれほど難しくなく、スワイプ操作で必殺技を発動させることができまして爽快があります。 ・「タイタン:神々の戦争」に登場する神々たち 神話のなかに登場するような神々たちが登場するゲームになりまして、実際に語られるギリシャ神話でも多くの神々たちがいます。 例えば、有名なところで言えばオリュンポス十二神になりまして、ゼウスが代表的な神であり、多くの方が知っている名前が連なっています。 ゲームのなかも古代ギリシャやローマ神話を背景にしており、神話の中の英雄の人生を体験していく内容でもありますから古い歴史を知っているだけで、より一層ゲームを楽しむことができるでしょう。 もちろん難しい話を考えずに「タイタン:神々の戦争」を楽しむことができますし、知っていても知らなくても十分に楽しいゲームです。 「タイタン:神々の戦争」はギリシャ神話のように壮大なストーリーであり、隠された真実を解き明かしていく内容となっています。 古代ギリシャについて関心がなくても分かりやすく説明したり、プレイしていくうちに個性が見えてきたりとゲームをプレイしながら学んでいくことができるでしょう。 ・主人公は一般人である 「タイタン:神々の戦争」というタイトルから英雄たちを操作すると思いがちですけど、主人公はあくまでも、とある村の戦士であり一般人になります。 そんな一般人が不思議な銅像に触れて神たちと更新する力を得てから物語は進んでいきます。 古代神話が好きな人から見ると拍子抜けしてしまうかもしれませんが、操作するのは一般人であり、主人公である自分を通して英雄たちと触れあっていきます。 ゲームを通じて、英雄たちの活躍を見ることができますし、古代史が好きな方でも満足できるはずです。 操作自体もシンプルなものですから話は好きだけどゲームは苦手という方でも問題はないでしょう。 スマホゲームとしては重厚な作りであり、今までにない題材で作られているからこそ注目されていた作品でした。 ・フルボイスで美麗なグラフィックのゲーム 「タイタン:神々の戦争」の大きな魅力の一つになるのがフルボイスで展開していくゲーム内容と美麗なグラフィックです。 ギリシャ神話と聞くと多くの人が美しい風景や感情を想像すると思いますが、それをしっかりと表現されています。 細かく見ていくと衣装の細部までこだわって作られていまして、ギリシア美術の良さが再現されていると言っても良いかもしれません。 古代ギリシア美術は「熟練した洞察力と直感を用いた美的な成り行き」として定義としていまして、どれくらい人を感動させるかを焦点にしているのです。 神々も完璧な美の追求をしており、芸術作品として彫刻が多いのも特徴的と言えるでしょう。 そんな美術の良さもゲームでは再現されているぐらい美しいグラフィックに仕上がっていまして、戦闘画面ではないストーリーの細かい部分にも注目して欲しいです。   それは背景だけではなく、操作キャラクターの装備品にも言えまして、装備品毎にグラフィックが用意されていますから、こんな装備ならこんな見た目になっていたのかという風な想像をしながら見て楽しむことができるでしょう。 古代ギリシャを語る上で芸術や美術を忘れてはならないですし、そこの部分も追及しているゲームと言えますし、先を読みたくなるハイクオリティな作品です。 ・主人公を導く女神であるカリオペ 「タイタン:神々の戦争」のなかで重要な役割を担っているのが主人公を導いてくれる女神のカリオペです。 主人公に吟遊詩人としてのパワーと霊感を与えてくれるのですが、ギリシャ神話にも登場する人物としても有名です。 文芸の女神ムーサイの1神になりまして、カリオペは美声の意でもあります。   彼女は大神ゼウスとムネーモシュネーの娘であり、ムーサたちのなかでも一番賢いとされていまして、弁舌の女神とも言われています。 逸話としまして、アドーニスをめぐって争っていたアプロディーテーとペルセポネ―を仲裁しており、その賢さの片鱗を見せているのです。   ゲームのなかでの活躍も同じように頭の良さを活かして、あらゆる場面で主人公をサポートしてくれまして、主人公は行方不明となった友を探す旅へと出ます。 旅のなかでは過酷な試練やさまざまな困難が待ち受けていますが、カリオペが支えてくれるでしょう。 主人公とカリオペの二人の会話には、さまざまなヒントや楽しみもあります。 「タイタン:神々の戦争」は、神々に愛された英雄たちの魂がある場所のエシュリオンが舞台であり、重厚な物語が待っていたのです。

ゲーム

オプションは必要?日本人のゲーム周辺機器購買傾向

据置機や携帯型のゲーム機で遊ぶときには、本体とソフトの2種類が必須です。 しかしゲームをもっと楽しんだり快適に遊んだりするためには、周辺機器も必要になります。 周辺機器とは、コントローラー・ヘッドセット・カメラなどなくてもゲームを遊ぶことはできますが、あると便利なオプション品のことです。 各ゲーム機に様々な周辺機器が用意されており、ハードメーカーが販売する純正品以外のアイテムもあります。 ゲーム機を購入すれば最低限必要な機器は付属しており、絶対に買わなければいけないオプションではありません。 しかしあると便利でさらに楽しめるオプションもあるので、必要なら買い足していくと良いでしょう。 据置機で遊ぶならおすすめの周辺機器 据置型のゲーム機でおすすめなのは、純正のコントローラーです。 日本で販売されている最近の据置機は、コントローラーが1つしか付属していません。 一人で遊ぶならコントローラーは1つでも問題ありませんが、家族や友だちと遊ぶなら2つ以上は必要です。 家族や友だちと一緒に対戦したり協力するソフトを購入するなら、コントローラーは2つ用意しておくと良いでしょう。 もしゲーム機で遊ぶのが1人だけでも、買い足しておけばコントローラーの調子が悪くなったときにすぐに交換できます。 最近増えているオンラインゲームを遊ぶなら、ヘッドセットもおすすめです。 ヘッドセットがあれば、仲間とボイスチャットをしながらゲームを遊ぶことができます。 FPSやMMORPGでは仲間と声を掛け合いながら遊ぶと快適になるので、ネットゲームには必須のアイテムと言えるでしょう。 携帯機で遊ぶならおすすめの周辺機器 携帯型のゲーム機でおすすめするのは、画面の保護フィルムとポーチやケースです。 ゲーム機の画面に付いてしまった傷は、取り除くことはできません 画面に傷が付いてしまうと視認性が悪くなったり、タッチペンが引っかかり気になってしまうでしょう。 保護フィルムも同時に購入して貼り付けておけば、傷が付いてしまう心配もありません。 またブルーライトをカットできる機能を備えた製品もあるので、目を守ることもできます。 鞄に携帯ゲーム機を入れて外出するなら、ポーチやケースも必須です。 ポーチやケースに本体を入れておかないと、鞄の中で他の物とぶつかり表面に傷が付いてしまいます。 知らないうちにボロボロになり見た目が悪くなるので、ポーチやケースも同時に購入すると良いでしょう。 特に子どもに携帯型機をプレゼントするときには、傷から守れる保護フィルムやポーチ・ケースは必須です。 ゲームをより楽しめる最新の周辺機器 近年はオプションであるはずの周辺機器も進化しており、中にはゲームの楽しみ方を根本的に変えるアイテムもあります。 日本だけではなく世界中で注目されているのは、VRを楽しめるヘッドマウントディスプレイです。 頭に装着すれば目の前に画面が広がり、まるでゲームの世界に入り込んだ感覚を楽しむことができます。 VR専用のソフトはこれまでにない体験ができると話題になり、日本で登場した直後は品切れが続出しました。 現在は日本国内での流通量も増え、以前ほど購入できないということはありません。 気軽に購入できる値段ではありませんが、多くの人に一度は体験してもらいたいのがVRです。 もう一つ新しい形の周辺機器と言えるのが、ゲームに登場するキャラクターのフィギュアです。 フィギュアを本体やコントローラーで読み取ると、特別なアイテムが手に入ったり新しいモードで遊べたりします。 観賞用として飾るだけでなくゲームの遊び方を広げられるオプションなので、気になるキャラクターやソフトのフィギュアが発売されていれば、購入すると良いでしょう。 日本で売れている周辺機器とは 日本国内のランキング上位に入っているのは、やはり最新のVRです。 据置機の本体を1つ買えるほどの値段ですが、VR専用のソフトが次々と登場している影響もありコア層を中心に幅広く支持されています。 同じようにキャラクターのフィギュアもランキングでは上位に入っており、常に高い人気を誇っています。 予約開始と同時に買えないと手に入れることが難しく、フィギュアによってはプレミアが付くこともあるほどです。 欲しいソフトのフィギュアが発売されるという情報を入手したら、予約開始と同時に予約するのがおすすめです。 その他に日本のランキングで上位になっているのは、ワイヤレスサラウンドヘッドホンやプロ仕様のコントローラーです。 どちらもゲームを楽しむために必須のアイテムではありませんが、臨場感を増したり快適に操作できるので多くの人が購入しています。

ゲーム

スマホゲーム「タイタン:神々の戦争」は主人公たちの声優が豪華!

◇タイタン:神々の戦争はとても魅力的なゲームだった 日本では昔からコンピューターゲームに対する人気が高く、これまでに数多くの魅力的な作品が誕生して来ました。現在ではゲーム専用機で遊ぶものだけではなく、より手軽に楽しめるスマホゲームの人気がとても高くなっており、その世界でいくつもの人気作品が登場しています。タイタン:神々の戦争もその中の一つで、そのジャンルはアクションMMORPGです。残念ながら2016年7月にサービスが停止になってしまいましたが、その豊かな魅力によって、現在でもこの作品のことを覚えている人は少なくありません。その魅力の例として挙げられるのは、ギリシア神話やローマ神話をモチーフにしたファンタジックな世界観、壮大でとても面白いストーリー、そして美麗なグラフィックで描かれたキャラクターたちです。そして、そのキャラクターたちをより魅力的なものにしていたのが、彼らを演じた豪華な声優たちでした。 ◇女神カリオペを演じたのは明坂聡美 このタイタン:神々の戦争という作戦で、女神カリオペという重要なキャラクターを担当したのは明坂聡美さんです。この女神カリオペはプレイヤーキャラクターと頻繁に会話するキャラクターなので、当然その声を聞く機会もたいへん多くなります。そのため、人気だけではなく実力もしっかりとした声優を起用することが、この作品の成功のカギを握っていたと言っても過言ではありません。その点、明坂聡美さんは大勢のゲームファンやアニメファンの間でその名前が知れ渡っている人気声優であると共に、優れた演技力と豊かな表現力で様々なタイプの役を見事にこなしてきた実績を持つ実力派声優でもあります。そんな彼女の声や演技は女神カリオペに見事にマッチしていたので、この上ないピッタリの配役だったと言えるでしょう。実際にこのタイタン:神々の戦争をプレーした人の中にも、彼女の声を耳にすることで、ゲームを楽しんでいる時の気分がより盛り上がったという人が少なくないはずです。 ◇明坂聡美は数多くの作品に出演している大人気声優 明坂聡美さんは1988年1月2日に埼玉県で生まれました。彼女は2001年にある少女漫画雑誌が主催したイベントアイドルのオーディションに参加し、そこで受賞したことがきっかけで芸能界入りしました。そのことから分かるように、彼女は声がとても良いだけではなく、ルックスもたいへん可愛らしい魅力的な女性です。また、年齢はまだ若いのですが、実はかなり長い芸歴を持っています。とは言え、彼女が声優としてデビューしたのはそれよりも少し後の2004年のことです。その初めての出演作品は恋風という恋愛アニメで、演じたのはヒロインの友人役でした。また、その翌年にはミュージカルの舞台に初参加し、さらにCDデビューを果たして歌手活動も開始しました。彼女はその後も声の仕事だけではなく、顔出しの仕事も精力的に行っています。そんな彼女は明坂聡美さんの、本業である声優の世界での活躍ぶりは大変なもので、主役を含めた重要な役で出演しているアニメやゲームは膨大な数に上ります。その中でもゲームにおける代表素策の一つと言えるのが、このタイタン:神々の戦争なのです。 ◇主役を演じたのは有野いく このタイタン:神々の戦争というゲームには、プレイヤーの代わりに作品世界の中で活躍する女性の主人公が登場します。そのキャラクターを演じたのは、マルチに活躍している声優の有野いくさんでした。ゲームの世界にしっかりと入り込めるかどうかは、プレイヤーの代理となるキャラクターに感情移入出来るかどうかによって大きく左右されます。したがって、そのキャラクターの存在感や魅力に大きな影響を与える声優の果たす役割もとても大きくなります。その点、有野いくさんは可愛らしい声をしている上に、フレッシュな演技で聞く人たちを魅了出来る人なので、効果的な配役だったのではないかと思われます。 ◇有野いくさんは色々な顔を持つ注目の声優 有野いくさんは年齢は非公開ですが、1990年1月14日生まれだという情報があります。彼女のルックスは実年齢以上に若々しくてとても可愛らしいので、声だけではなく容姿でもファンの心をキャッチしています。彼女は2008年に開催された声優オーディションで合格し、2011年につくものがたりというゲームでデビューを果たしました。その後もこのタイタン:神々の戦争を始めとしてゲームへの出演が多く、またナレーションの仕事も積極的に行っているのですが、アニメにはそれほど多く参加しているわけではありません。そのため、アニメファンの間では、残念ながら明坂聡美さんほど有名ではないと思われます。しかし、彼女はテレビのバラエティー番組に出演したり、唐揚げをこよなく愛する唐揚げアイドルとして活動したりなど、顔出しの仕事も色々と頑張っています。そんな彼女は、今後も幅広い分野での活躍が期待されている注目の声優です。

ゲーム

惜しまれながら終了したスマホゲーム「タイタン:神々の戦争」とは

1、「タイタン:神々の戦争」とはどんなゲーム? 「タイタン:神々の戦争」はiosとAndroidでプレイすることが出来たアクションRPGのゲームで、世界で150万ダウンロードを突破した大人気作品でした。キャッチコピーは「神に魅入られ士者よ、運命に立ち向かえ!」であり、主人公を導く「女神カリオペ」役には明坂聡美さん、主人公(女性)役には有野いくさんが声優として参加しています。物語りは、英雄達の魂が暮らすユートピアのエリュシオンという世界に主人公が飛ばされるところから始まります。主人公はそこで吟遊詩人として離れ離れになってしまった友達の行方を探すために壮絶な神々との戦いに挑むというものです。不思議な銅像に触った途端に神と交信する力を得てしまい、知らないうちに大きな戦いに巻き込まれていく主人公についつい感情移入してしまう人が続出しました。 ベースはギリシャ神話であり、本格的なストーリー展開になっていて、シンプルですが戦略性をもとめられるバトルシステムをもとにして、強力な装備やスキルを手に入れるために繰り返し男ジョンに挑戦しなければならないハック&スラッシュと呼ばれるタイプのゲームなのです。レイバトルや対人戦などもありオンラインやオフラインにかかわらず相当のボリュームがありました。スキルをバトル中に切り替えることが出来たり、スワイプ操作で必殺技が発動する戦闘がこのゲームの特色です。 生産国が韓国であるため、たまに日本語が不自然なこと、そしてゲームバランスが中盤以降は乱れており、課金なしでは勝てなくなりそうという口コミも当初からありました。 2、「タイタン:神々の戦争」の目的はどんなもの? 「タイタン:神々の戦争」のプレイヤーに課された大きな目的は、ダンジョンを攻略してキャラクターを強化していくことでしょう。他のゲームと同じように敵を倒すことで経験値を獲得して自分のレベルを上げたり、繰り返し何度もダンジョンに挑戦して強力な武器やスキルを手に入れたりするのです。スキルカードなどの特定のアイテムだけが手に入るダンジョンなどもあり、変化に富んでいました。ゲームプレイヤーは新たなスキルや強力な武器を手に入れた時に強烈な喜びを経験します。またこのゲームでは1回のプレイは5分程度であり、休み時間などの隙間時間に気軽にプレイすることが出来るのも魅力でした。 またこのゲームには飽きない要素がしっかりと詰め込まれていて、ステージの多さやストーリーの奥深さ、システムの複雑さによってゲーム離れを防ぐ効果がありました。 3、「タイタン:神々の戦争」ではギルドに参加することが出来る この作品はギルド制を採用していましたから、同じゲームをプレイしている他のプレイヤー達とギルドを呼ばれるリームを作ることが出来ました。ギルドに属することで毎日報酬を手に出来たり、ギルドコインを使って特別なアイテムを購入することなどが出来るのです。また、他のギルドとのチーム戦も出来るので、ギルドメンバーを自分で編成してライバルギルドを倒し、より絆を深めることでただのゲームではなく日常生活にも影響するような一体感を編み出すことが出来たわけです。ゲーム世界の中での知り合いが増え、会話を交わすことであたかもそれが自分の日常であるかのように思わせることにも成功しています。 4、仲間を募ることでボスレイドに挑むことが出来る 「タイタン:神々の戦争」では1人では到底太刀打ちできないような強いボスに挑戦する「ボスレイド」があります。ここではリアルタイムで他のゲームプレイヤーに協力を要請し、最大5人で同時にボスへ立ち向かうことが出来るのです。ボスの撃破に成功すると普通では貰えないレアな装備が手に入るチャンスですので、多くのプレーヤーは1日に2回まで挑戦できるボスレイドに挑戦していました。 5、装備やスキルを強化することで自分だけのオリジナルキャラを作れる 「タイタン:神々の戦争」では当然先へと進むほどに難易度は上がっていきます。ですからそれに合わせて自分のキャラクターの強化もマメにしていかないと、敵に歯がたたなくなってくるのですね。そのために1度クリアしたダンジョンには繰り返し何度でも挑戦し、レベルを上げる修行をしていかなければなりません。そして手に入れた武器やスキルを強化することで自分のキャラクターの能力を底上げが可能になるのです。一番最初は同じキャラクターから始まっていても、どのスキル、どの武器を好んで使っているか、強化しているかなどは人によって大きな違いがでてきます。バランスよく、まんべんなくスキルや武器を強化したい人もいれば、キャラクターの見た目にこだわって装備を中心にそろえ、強化していく人もいるのです。コスチュームの自由なカスタマイズが可能ですので、自分はキャラクターをどう成長させたいのかをじっくり考えることが出来るのもこのゲームの大きな特徴でした。